ドイツ文化センター主催 リーディング「冬の旅」

『冬の旅 رحلة الشتاء』 WINTERREISE

7月27日(金)19時(ポストパフォーマンストーク有り)
7月28日(土)14時

ゲーテ・インスティトゥート東京 ホール(青山一丁目)
(東京都港区赤坂7-5-56 ドイツ文化会館内)

1000円

作:
ヤエル・ロネン(オーストリア/イスラエル)& Exil Ensemble 
訳・演出:
小山ゆうな(雷ストレンジャーズ)
音響: 
尾崎弘征
映像: 
神之門隆広
出演:
万里紗 
亀田佳明(文学座)
霜山多加志(雷ストレンジャーズ)
松村良太(雷ストレンジャーズ)
浅井伸治 (劇団チョコレートケーキ) 
野々山貴之 (俳優座)
劉嘉林

ヤエル・ロネンとマキシム・ゴーリキー劇場のシリア・パレスチナ・ イスラエル等からの俳優から成るExil Ensemble(亡命アンサンブル)による作品。ドイツ人の同僚が彼らに同行して、ドイツとスイスをバスで巡る「冬の旅」に出る。旅の目的地はドレスデン、ワイマール、ミュンヘン、マンハイム、チューリッヒそしてハンブルク。そこで彼らはどのように関係性を築き、何を体験し、どのような目をドイツに向けるのだろうか? (初演:ベルリン・ゴーリキー劇場、2017年4月)

ヤエル・ロネン

1976年、エルサレムの演劇一家に生まれるたヤエル・ロネンは、イスラエルを代表する最も刺激的な演出家として、現在ベルリンとテル・アビブの両方にベースに、ドイツ語圏で目覚しい活躍をしている。俳優たちのグループと共にリサーチを行い、彼らの私的な経歴などを取り込む手法により作品を次々に発表して、世界的な評価を確立した。イスラエル、パレスチナ、ドイツの俳優が参加した『第三世代 Dritte Generation』(2008)は大反響を呼び、多くのフェスティバルに招聘された。『コモン・グラウンドCommon Ground』に続いて、2016年には『The Situation』でベルリン演劇祭「テアタートレッフェン」に招待参加。2017年には、世界演劇祭で国際演劇協会賞(ITI Preis)を受賞。ベルリンのマキシム・ゴーリキー劇場では2017年4月に、新しく結成されたExil Ensemble(亡命アンサンブル)とともに制作した『冬の旅』の初演を行い、同作品により、2017年EU主催第14回Europe Prize for Theatrical Realitiesを受賞している。

お問い合わせは
こちらまで

チケットは、
ピーティックス 

(終了。ありがとうございました!)雷ストレンジャーズ 演劇ジェット紀行 スウェーデン編「父」

3/7−11@サンモールスタジオ
訳〉 毛利三彌
上演台本・演出〉 小山ゆうな
出演〉 松村武(カムカムミニキーナ)、霜山多加志(雷ストレンジャーズ)、松村良太(雷ストレンジャーズ)、山下順子(雷ストレンジャーズ)、平山美穂(雷ストレンジャーズ)、谷口翔太、辻しのぶ、橘花梨、野口清和
続きを読む →

メディア掲載

□ シアターガイド 2018年3月号 「1テーマ2 ジェネレーション」水谷八也×小山ゆうな
□ 小山ゆうな 読売演劇大賞 優秀演出家賞受賞 世田谷パブリックシアターニュース
□ 小山ゆうな 読売演劇大賞ノミネート
スパイス
□ 小山ゆうな 小田島雄志・翻訳戯曲賞受賞
ステージナタリー

□ ジャパンタイムズ2017年のトップ6に小山ゆうな演出 世田谷パブリックシアター「チック」が選ばれました。
ジャパンタイムズ

□ 12月19日付 読売新聞 回顧にて 小山ゆうな演出 世田谷パブリックシアター「チック」に言及頂きました。

□ 小山ゆうなが第10回小田島雄志・翻訳戯曲賞を受賞 掲載情報です。
世田谷パブリックシアターページ
ステージナタリー

□ テアトロ11月号 今月選んだベストスリー 渡辺保
世田谷パブリックシアター主催公演「チック」小山ゆうな翻訳/演出作が選ばれました。

最新情報

□ 【小山ゆうな翻訳/演出】【霜山多加志、松村良太出演】ヤエル・ロネン「冬の旅」リーディング公演
□ 小山ゆうなが第25回読売演劇大賞 優秀演出家賞受賞
□ 小山ゆうなが第25回読売演劇大賞 演出家賞にノミネートされました。
□ 小山ゆうなが小田島雄志・翻訳戯曲賞を受賞
□ 2018年3月 演劇ジェット紀行 スウェーデン編 スウェーデン スウェーデン🇸🇪編 ストリンドベリ作「父」上演決定